Producer's

オフィス】 土手内婚活

 当社のオフィスがある、土手内での年二回の婚活の秋バージョンが
無事に終了しました。
前日の天気が台風が通過する予定で、天気予報では午前中曇りの
午後から晴れで、安心していたのですが、それでもヤキモキでした。
当日の朝も曇り状態だったので、とりあえずは野外で出来るので
良しとしようと言い聞かせながら、準備をしていました。

見る見るうちに、お天気が良くなり、開催ご正午過ぎには
ご機嫌に晴天になり、それから徐々に晴天で、むしろ暑くなりました。
野外はそれを想定しての事でしたが、それにしても
良くなり過ぎでした。


青い空と青い海で、心地よい風を感じながらの婚活は
参加者も大変喜んでくれたのでは無いかと感じておりました。
そのいい空気感は伝わるものです。

お陰様で3組のカップルが成立☆
主催者としても一安心で、これからのカップルさんの
長いお付き合いを希望して、
晴天の元、無事に終了しました。

次は来年となります・・・。

オフィス】 秋の空

 今日の夕方、新郎新婦との打合せの為、準備していて、ふと外を見ると
秋の夕方を感じました。
このオフィスに構えてから、自然との対話が出来るようになりました。
日々変化する四季のある日本ですので、季節の変わり目には
それを感じる事があるのですが、
今日が秋を感じた日となりました。


言葉では表現できない、感覚と言うか直観で
秋を感じたのです。
それは常にこのオフィスから土手内を眺めているからだと
思います。

そこから冬に向けての足音がポツポツと出てくるのでしょう。
写真では伝わらない現場の空気感があり、秋を感じた今日の
夕方でした。

オフィス】 ☆土手内ブランチ☆

 明日を控えておりました、土手内ブランチは延期開催となりました。
次回は15日開催です。
天気を想定して、それが一番の魅力ですので、
雨天時に野外で無理やりするイベントではないので、
今回は相当残念です。

夏はあれほど、天気が良かったのに、9月になってから
イマイチです。個人的に山籠もりを終えて、今から
土手内に夏を楽しもうと思っていたのに
週末毎に雨が降っているように感じます。


このブランチで天気良く、楽しく来られた方と
ゆっくりしたいと思っていたのに、とても残念です。
美味しい食材も入荷してましたのに、残念です。

この鬱憤を晴らすべく、9月15日には満を持して
開催しますので、ご興味のある方は是非、
お問合せ&お越し下さい。

詳細を下記にて

秋の訪れを感じる今日。少し贅沢な休日を過ごしてみませんか?
美味しい食事をしながら、お友達とおしゃべりしたり、本を読んだり
いつもと違った海を眺めながらの素敵な休日を・・・。

【日時】  9月15日 10:00〜14:00ぐらい
       ※冬が来るまでの不定期開催の予定
       (9月22、23、29、10/6)

【金額】 1,800円

【場所】土手内海岸 ※駐車場あり

【内容】 ワンプレートブランチ
     ■松野町の放し飼いで育ったニワトリの卵を使った卵料理
     ■城川産 オリジナルハム
     ■南予方面のヨーグルト
     ■北条産の野菜を使ったサラダ
     ■森の国ホテル料理長特製コンフィチュール
     ■美味しいオレンジジュース
     ■美味しいパン
     ■挽きたて珈琲(おかわり自由)
※仕入れ内容に変更の場合もあります。

【人数】 20名様(予約制)
     ※珈琲のみの方もOK

雨天中止(前日に判断します。)

オフィス】 土手内ブランチ モニター編

 この秋、当社のオフィスがある土手内にて
ブランチを計画してます。そのモニターを
知人の前神さんとその上司、そして、インターンの
大学生・川崎さんを踏まえて、行いました。


当初は、晴れを想定していて、実際の雰囲気を
味わってもらいながら、あれこれ意見を聞こうかと
思ってましたが、あいにくの雨だったので、
オフィスでの仮の開催となりました。

3人には内緒でのプレゼンでしたが、かなり感動と
喜んでくれました。
個人的な感想としても、オフィスに変更したものの
非常にいい感じの雰囲気を演出できたと感じました。


季節のフルーツ、こだわりの城川町産のハムや
ヨーグルト、松野町産の放し飼いの卵等
県内産のいいものを取り寄せての一皿を作り上げました。

一皿を丁寧に仕上げなければなりませんでしたので、
労力的な苦労はありましたが、それなりにいい一皿に
仕上がったので、後は意見をまとめて、しっかり
カタチにしようと思います。


この秋、お楽しみに!!!

オフィス】 久しぶりのオフィスと海

 出張での山籠もりで、久しぶりにオフィスでの午前中を
過ごしていますが、はやりこの海の美しさは
世界の、リゾート地に匹敵すると思います。

とても穏やかで澄んだ青色。
水平線ではなく、程よく島が見える距離感。
何とも言えない美しさを秘めているように思えてなりません。


久しぶりに見るせいでもあるのでしょうが、
この美しさを見ながら仕事が出来るのも
ある意味贅沢かもしれません。
そんな余裕を持って仕事しているわけではなく、
目の前の受注で必死ですけど。
まさに、アヒルのように、水面上では優雅に見えますが、
水面下では、バタバタです。

いつの日か、バタバタしなくてよくなる日が
くるのでしょうか!?

オフィス】 土手内レストラン

 念願の土手内レストランが無事に終える事が出来ました。
大掛かりなイベントでしたので、準備から後片付けまで含めて
3日間を要しました。

結果的にやってみて、イメージ通りになりました。
ただそれは天気に助けられた感じはありました。
実際に延期になったのですが、梅雨時期でもあったので、
正直、相当心配しました。
もしかしたら、幻に終わるのではとの危惧も頭をよぎりました。


運営側としては、100%皆さんに喜んでもらえないといけないけど、
一発勝負なので、リスクも高いのをクリアするのためには、
事前の入念な準備が必要だったのです。
それはウエディングと同じです。

当日の晴天は、神様からのプレゼントでした。
来られた方々もそれぞれに楽しんでもらえたと感じました。
野外での想定外の食事は、どんな楽しい雰囲気になったのか、
参加者の方々のコアな意見をもっと知りたいです。


料理等の流れのオペレーションは、バッチリでした。
いかんせん動線が大変でしたから、何といっても
前菜の料理を出すのに50メートルぐらいありましたから。
今となっては、笑い話ですけど、普通のレストラン感覚だと
ありえませんよね。


そんなこんなを無事に終えれたのも、一丸となって、
「感動」を提供する気持ちがあったからでしょう。
ようやく、落ち着いて寝れます。

でも、次に事が頭の中をチラチラとよぎったりしている
今日この頃でした。









オフィス】 土手内レストラン

 構想から2年あまり。とうとう実現にこじつけました。
2年前の元旦明けの2日に、何気なく土手内海岸を
散歩してました。
そしたら、ふと、ここでレストランしたら楽しいんじゃないかと
思い巡らすようになりました。
あれこれ、出来る自信はあったのですが、野外であり、
その当時、備品等の問題や、その他あれこれ実務レベルで
クリアしなければならない問題が沢山ありました。

その為、2年前は実現にこじつけられませんでした。
そうこうしていると、気持ちはあるけど、実現に向けての
一歩が踏み出せず、時は過ぎました。


今年に入って、タワーの室さんが、夏に「海の家」をやりだすと
いい始め、そのテンションと勢いに駆られて、またタイミングよく
移動式ピザ釜との出会いと、それに付随するかのように
パラディッソ・ピザ職人の増村氏との出会いで、
実現へと急展開となりました。

流れに乗ると、後は走るしかありません。あっという間に
実現にこじつけ、現在、実務レベルであれこれと
試行錯誤しながら、来られた方にベストの状態で
おもてなしをしなければとの思いで動いております。

ここでしか味わえない、究極の感動を提供します。
※お天気次第でもありますけど・・・。
神様お願いします。

オフィス】 構想2年

 とうとうあの企画が現実になろうとしています。
その瞬間にお天道様は味方してくれるでしょう。
6月2日になりました。

2年前の正月2日ぐらいだと思いますが、夕方に
散歩しててふと思いついた企画だったのです。
一旦、現実化のメドを立てようとあれこれ画策
していたのですが、そのタイミングでは料理の
事であったり、テーブル椅子、そして器材一式などの点で
着地点がみえずに居ました。

それが、時間を経て、タイミングで出来る段取りになりました。
これから一か月掛けて、細かい詰めの作業をします。

逐次、お伝えしますので・・・。

オフィス】 四国・・・土手内

 最近、飲み会の席で、初対面の方がやはり松山市中心部に
人が集まり、賑わいが無いといけない、と話を聞いたのですが、
個人的には、全くその逆と言うか、アルテフィーチェのオフィスの
ある土手内は最高の場所なので、その賑わいとやらに
同感できませんでした。


何もな土手内ですが、そこには物質的豊かさではなくて
精神的豊かさがあり、仲間が集っているから
最高の場所だと感じるのでしょう。

この土手内を世界に広めたいという想いに最近駆られて
仕方ありません。決して、そこで商売等ではなく、
当社が構えている土手内のよさを感じてもらいたいです。

そのために今年はさらにやります。お楽しみ!!!

オフィス】 北条祭り2012


 今年も北条祭りに参加できました。
今年は室さんとめぐちゃんが頭取の大役をしました。
かなりのすさまじいスケジュールであり、
精神的にも気を使う大役だったと思います。

影ならぬ苦労も沢山あった事でしょう。
私もあの山車の上に乗ってみたいですが、
やはりあの聖地へは限られた男たちの世界であり
そうそう踏み込めないと感じています。


他の地区では、子供や女の子が乗っているのを
見かけますが、滑稽であり、それを許している
大人たちへの憤りを感じます。


このご時世安全な祭り運行が主ですから、大丈夫との
判断なのでしょうが、土手内では絶対してほしくない行為です。
そんな事言える立場ではないのですが、毎年参加するようになって
思い入れも違ってきました。


本当にかっこいい北条の祭りは誇れるし、参加出来て自慢ですし、
これからもいいカタチで後世に残ってほしいです。
来年はもっと参加できないだろうな〜。


アナタだけのオリジナルウェディングをトータルでプロデュース―アルテフィーチェ|〒799-2433 愛媛県松山市土手内190−2 OCEANS13 206 / Phone : 089-922-1755 / Mail : toda©artefice.jp