Producer's

業務情報】 恋人の聖地でクリスマスカフェ 〜プレオープン〜

 去年よりも一足早く、クリスマスツリーが完成して、
12月1日をプレオープンで無事にカフェがスタートしました。
あっという間な感じがしています。


去年の流れや段取りがあったので、ある程度スムーズに
準備出来ましたが、実際にやってみると抜けている部分が
多々あり、日曜日のゆったりとした時にプレでオープン出来て
大正解でした。あれがもし土曜日とかで、いきなり
ドタバタと来られたら大変な失態をしていたように
感じました。


いかんせん珈琲を自分で淹れるので、それに対して
対価を頂くわけですから、中途半端はダメだと
実感してますし、それをしないようにと尽力してます。

空間が素敵なので、そこで美味しい珈琲とスイーツを
召し上がりながら、ゆっくりした至福の時間を過ごして
もらいたいのが私の希望です。


本格オープンが7日からですので、それに向けてバッチリと
体制を整えて、皆様のお越しをお待ちしております。

マスターひで

業務情報】 恋人の聖地でクリスマスカフェ 〜ツリー準備編〜

 大きな大きなツリーがいつものフリースペースに設置され、
その他の装飾をあれこれと飾り付けました。
基本的なコンセプトは双海シーサイドの女性陣が
あれこれ検討して吟味した結果となりました。

今年のテーマは、「赤いリボンで結ばれる」だそうです。
クリスマスカラーの赤とリボンの組み合わせが
シルバーに輝くツリーにいい感じでマッチしてます。


去年から、ふとした会話から始まったクリスマスカフェも
早いもので、今年ももう実行するような段取りになりました。
私も去年よりもバージョンUPして、ゲストに楽しんでもらえる
ように考えないといけないと思いながらも
いい知恵が出て来ずに、時間だけが過ぎてます。

でも、一人でも多くの方にあの空間を楽しんでもらえたら
それで嬉しく思います。
どうぞ、双海にお寄りの際は、お気軽にお立ち寄りください。
詳細は後日。

業務情報】 池野 響子の世界

 かれこれ3年ぐらいのお付き合いをさせていただいている
池野 響子さんが初めて個展をされるとの事でしたので、
時間を見つけて、宇和に走りました。
あまり耳にしたことの無い場所であったので、
どんな所なのか、全く未知の世界でしたが、
まずはあまりのハード(建物)のかっこよさに脱帽でした。


オーナーのキースさんがデザインを興して、建てたそうですが、
自然を活かし、建物と自然が一体となる雰囲気だから、
その存在感があるのでしょう。

庭も広々と取られていますし、にくい演出の石の彫刻の数々でした。
画廊の中は、広々といい感じでした。
そこに点在する、池野さんの存在感のある作品が散りばめられて
いましたが、それも調和が取れていて、共鳴し合ってました。


池野さんは、どんな作品でも上手にアレンジして作られ、
その作風には固定感がないように思われますが、
自身の作品となると強烈な個性を発揮して、
独特の世界観で迫ってきます。
今回の作品群もそれが強烈にアピールされていました。
一体、彼女のその湧き出る原泉はどこにあるのだろうかと
不思議に感じました。


秋の素敵な時間をまったりとアートで過ごせました。

業務情報】 世界は同じ☆

 友人の藤山さんが企画してくれました、オーストラリアからのベン夫妻が
来てくれて、彼の出身であるシチリア島の料理を堪能しながら、あれこれ
有意義な時間を過ごしました。
英語が飛び交いながら、私も必死で単語を思い出して、
つたない英語で喋った気がします。(通じているかどうか?)

奥様は日本人でして、オーストラリアでお花屋さんをされてるそうでして、
それをウエディングの装花もされてて、素敵な写真を沢山見せていただきました。
ワイナリーを貸し切ってのガーデン挙式からの室内でのパーティーや
ちょっとこじんまりのカフェでの式や、大きなオブジェを作った
結婚式やらと・・・。


その写真を見て、私としてはかなりの刺激を受けました。
海外の結婚式によく憧れがあると言いますが、日本ででもできない事はなく
ただ主流がホテルだったり専門式場だったりと、その文化がないだけです。
でも、あのような自然なスタイルでの式は、本来の意味があり、その空気感は
感じてみないと分かりませんが、いいものだと思います。

これは、創り上げる、提供する我々側のスタンスによるのでしょうが、
これから色々な形態でのウエディングが広がる様な気がします。
その時には当社のようなプロデュース会社がもっともっと脚光を
浴びる時がくるのでしょう。
それまで、一生懸命お客様の要望に応えるべく、そこにベストな
空間を創造すべく、日々の努力です。


文化の違いで、結婚式の壁はあると思ってましたが、それは無い事に
気付きました。
いい気づきを与えてくれた、ベン夫妻に感謝です。それを取り持ってくれた
藤山さんとはこれからも長いお付き合いになりそうです。
写真は藤山さんの誕生日のお祝いです☆

業務情報】 プロの出来栄えは凄い!!

 双海シーサイド公園で写真撮影したプロのカメラマンからの
データが届いたのですが、それを見ると本当に感銘を受けました。
自然の美しさをこれほど上手に表現できるのは、
カメラの技術とそれを活かし具現化するカメラマンの
技術によることろでしょう。

タイミングよく、夕日が出たのもラッキーでしたし、
新郎新婦の要望が海だったのもあり、偶然が重なって
今回の素敵な作品に仕上がりました。
お二人と写真セレクトしていた時も
2人とも感動してましたが、一番テンション上がってたのは、
正直、私でした。


やはり、新郎新婦の素敵な写真と自然を活かした写真が撮れて
自分が創造して作った作品であり、言わば、新郎新婦は
それがカタチとなった、子供のようであり、それを見つめる母の
気持ちです。

今回のご縁で、このような素敵な写真が出来上がった事に
関係者に感謝の気持ちでいっぱいですが、ご縁を授けてくれた
新郎新婦さんに何よりも感謝です。

業務情報】 祝☆20周年

いつもよくして下さり、気にかけて下さるご夫婦から20周年記念のパーティーに
お誘いを受けて、行ってきました。お二人やその会社のスタッフの人柄を反映している
かのように、素敵な方々ばかり来られていました。

テキパキと動かれているスタッフを見ると、さすがあの人数をしっかり教育されているの
だと感じましたし、皆さん素直で素敵なスタッフさんばかりでした。
とても居心地のよい空間でしたし、大先輩なのに、いつも気さくに接して下さるM埼マダムや
オーナーパティシエと楽しい会話が出来ました。


松山では知らない人はいないぐらい有名なお菓子屋さんですので、20年の苦労は
並外れた計り知れないものがあるのでしょうが、それを全く見せない、むしろ
こちらが元気をもらえるようなお二人なので、いつも楽しくお話しさせてもらってます。

自身に置き換えて、20周年にどのようになっているのかを想像すると、
まだまだ毎日必死でもがかなければならないと感じております。
ですが、こんな若輩な私にも、記念パーティーに誘ってもらっただけで
嬉しかったです。
もっと、いい意味で成長して、アピールできる何かを示したい気持ちです。

業務情報】 白いウエディングドレスと砂浜

 知人のTくんがウエディングの写真撮影を依頼してくれました。
とても素敵な新郎新婦さんでして、最初はスタジオで
パターンや髪型を変えてあれこれと。
緊張していたお二人でしたが、カメラマンのアイスブレイクングを
挟みながら、徐々にリラックスムードになりました。


お二人の希望のメインは双海シーサイド公園での海の撮影でした。
スタジオで撮っていた時は、曇り一面の空だったので、
果たして夕日は見れるだろうかと心配していました。
と言うのも、撮影の前日や前々日などは超素敵な夕日が見れていたからでした。

さすがに天気は私の力ではどうしようも無かったですが、
双海に着くと、少しの晴れ間が見えて、そこから覗き込む
夕日が水面に映えて、いい感じで幻想的なシーンになりました。


この雲の間の夕日はほんの一瞬ですので、その短い時間に
一気にあれこれ撮影しなければならないと言う、
カメラマン泣かせの撮影でした。
でも、そこはプロなので、きっちりいい撮影を
してくれました。

お二人も喜んでくれました。
撮影が終わると、一瞬で暗くなり、秋の夜を感じました。
やっぱり海での写真撮影はいいものですね☆

業務情報】 シコクサイコー大学

 今年から参加しているシコクサイコー大学での
第2回目の講義がありました。
約半日かけての勉強でしたが、非常に為になる事
ばかりであっという間に時間が過ぎました。


当社が抱えるこれからのビジョンを模索中なので、
どれをどこに当てはめて、どのようにシステム化すれば
いいのだろうかとあれこれ考えたり、
講師の事例発表の際に、とんでもない苦労の連続だったのだろうと
感じたりして聞き入りました。

後半では、「ワールドカフェ」と言うアイデア出しのディスカッションを
初めて経験しました。今まで、ブレストはよく経験していたのですが、
このワールドカフェはその進化版で非常に楽しく有意義な
内容となりました。


当社でもワールドカフェや座談会などをやってみたいと
感じました。色々な方の愛でアイデアはそれ自身が財産で、
有効に活用すれば、本当に素晴らしものになるのでは
無いかと感じてます。

次回の会も楽しみです☆

業務情報】 ランチ会議

 
眼光するどい二番町の巨神兵こと増村氏とイベントの事でランチしながら、
あれこれとひねり出しました。
自分だけではどうしてもアイデアは貧弱なので、
色々な方とのコラボで、そこから生まれるアイデアは
無限大だと感じております。


彼も飲食店の経験が長く、最近色々な面で
成長しているように感じております。
それが彼にとってもステップアップになりのでは
ないかと感じております。

バール COVOさんの美味しい食事をしながらでしたので
余計に話は弾みました。
これを皮切りにいい感じでイベントを成功させたいと
思ってます。


当社としても一つ一つのイベントを無事にこなす事が
成功の秘訣だと感じておりますので、
とにかく前を向いて進むしかないと思っております。

いいカタチに出来るように尽力します。

業務情報】 司法書士西森先生

 長河雲会の広報委員会の仕事である
会社インタビューで、西森さんの色々をお聞きしました。
大学2回生で行政書士の試験に合格し、大学卒業した年には、司法書士の
試験に合格、その後25歳の若さで、自身の事務所を構えて、
独立されました。


物腰の柔らかい、謙虚な方で、根拠のない好き勝手していた
20代の私とは雲泥の差を感じました。
既に4名のスタッフを抱えて、日々あれこれ努力されている
姿も垣間見えました。
年間100万円近く本を購入されるそうで、その本棚は
圧巻でした。


このように、あれこれその方の歴史を知る事ができ、
それを自身に置き換えて、自分の小ささなどを感じれるので
とても楽しい行為です。

彼はまだ29歳ですから、これからの10年間でもっと成長されて
実力、経験を兼ね備えた素晴らしい環境を築かれることでしょう。
私も、お互いに切磋琢磨して刺激を受けながら、互いに成長
したいと心中思いました。


アナタだけのオリジナルウェディングをトータルでプロデュース―アルテフィーチェ|〒799-2433 愛媛県松山市土手内190−2 OCEANS13 206 / Phone : 089-922-1755 / Mail : toda©artefice.jp